大きくなってきたぶどう達 ~摘房(摘果)と摘粒~

ぶどう園では、粒がだんだん大きくなってきたぶどう達が、
棚から鈴なりに下がっている光景が見られるようになりました。

こちらは、種あり巨峰です。

先に、摘房(摘果)をしていきます。
地面には無数の落としたぶどうの房が…

もったいないようですが、充分に甘みや色を乗せるために必要な、大事な作業です。

次に、残した房の粒数を適正な数まで少なくしていきます(摘粒)。
先が細い専用のハサミを使って、不要な粒を取り除いていく細かい作業です。

こちら↓は摘粒前…

そして、こちら↓が摘粒後です!

ひと粒ひと粒がキレイに丸く大きくなり、陽光もよく当たります。
こうなってくると、見た目にも張り合いが出てきます。

こちら↓は、赤ちゃんマスカット(笑)の房です。

まだまだ粒は小さいですが、今年は房の形がキレイに出来ました!

関連記事

  1. 午前中の集荷風景
  2. 試作販売つぶつぶカップ
  3. 野の香ぶどう園にも春が訪れました🌸
  4. ヤマト便の集荷風景です
  5. 袋の中のぶどうの様子は…
  6. 収穫8日目!夏休みもあとわずかですね【野の香巨峰】
  7. ギフト用発送順調、シャインマスカットも出荷です
  8. 2021年野の香ぶどう今シーズンの収穫出荷がはじまります!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP